アジア

【令和最新】深センの風俗・夜遊び潜入!ロリフェイス美女との遭遇

投稿日:

深センの風俗事情とは?

皆さん、こんにちは!淳也です。

中国の都市の一つでもある深センは香港からもアクセスがしやすく、経済都市として知られています。

そんな深センの風俗には、中国全土から奇麗系やかわいい系、スレンダー系など様々な女性が出稼ぎに来ています。

店舗型の風俗は隠れて営業しており、性を求めて世界中の男性たちが深センに訪れて、女性たちをお持ち帰りしているのです。

筆者もその内の一人で(笑)年に数回深センに旅行に行っています。今回はそんな深センのロリフェイス美女とセックスを堪能してきました。

深センで風俗が盛んな都市、エリアは?

中国で風俗が盛んな都市として、深センや上海、北京、香港、大連などで様々なタイプの風俗があります。

これらの都市は風俗だけでなく歓楽街や観光スポットなどが多くあり、観光客に向けたエリアとなっています。

その中でも深センは数多くの風俗が密集しているのでおすすめです。そして深セン市内でも向西村や布吉といったエリアが密集地帯として知られています。

深センで盛んな遊び方は?

深せセンの風俗といえばマンション置屋です。いわゆるピンポンマンションという風俗です。

ビルの各部屋に女の子が待機しており、一つ一つピンポンをして回り物色していき、気に入った子がいれば値段交渉して本番をします。

それ以外の風俗といえば、エロマッサージや風俗床屋、KTV、デリヘルなどがあり、様々な風俗を堪能することが可能です。

ただしこういった風俗の中には美人局がいることもあるので注意してください。

深センの風俗は高い?安い?

深センの置屋の料金相場は、150~300元(約2,700~5,400円)で基本的に本番もすることができます。

KTVで連れ出す場合は約7,500円、エロマッサージ約5,000円、風俗床屋2,500円です。

深センの風俗は本番もできてこの料金相場ですので、日本よりもはるかに安いことが分かります。

深センでは風俗は合法?違法?

基本的に中国では売春行為は違法ですので、深センにおいても風俗は違法扱いとなっていますので、公安当局に見つかった場合は留置場に入るか罰金を支払うことになります。

また悪質な公安によってはリンチにあったり脅迫を受ける可能性がありますので、十分に注意して風俗で遊んでください。

ですので中国の深センのデリヘルやクラブなどで、女の子を持ち帰るのはかなりリスクが高いと言えるでしょう。

深センの風俗の体験談その1:置屋「向西村エリア」

初日中国の深セン入りした筆者は、ホテルで少し休憩をしてから向西村エリアの置屋に向かうことにしました。

深センの夜道を歩いていると、四方八方からキャッチに女の子はいらないか?って、声を掛けられますが、全て無視して置屋に直行することにしたのです。

現地に着き建物に入ると、そうすると複数の女の子が待機しており、顔をよく見るとやたらロリフェイスの女の子ばかりいたので、一様年齢を聞いたらみんな20代前半とのことです(汗)

ちょっと怖いなぁって思ったのですが、みんな可愛かったのでここで指名することにしました。ロリフェイスながらもかわいい系の子がいたのでその子に決めました。

さっそくプレイルームへと案内されて、彼女と一緒にシャワーを浴びることになり、服を脱いでお互いの体を洗い合っている内に、ムスコはガン立ちしていました。

シャワーを終えるとベットに向かい、彼女がギンギンに立ったムスコを咥えてフェラをしながらパイズリをしてくれたのです。

それから彼女のま〇こに指を入れて掻き回すと次第に感じ始めて、我慢できなくなったのか、押し倒されそのまま騎乗位で插入したのです。

しばらく騎乗位が続き、バックで激しく突いたあとはフェラをしてもらい、口の中に思いっきり出しました。

それから彼女はムスコを口で綺麗にお掃除フェラをしてくれて、最後にシャワーをもう一回浴びてから帰りました。

向西村の料金

深センの置屋は141のピンポンマンションと同様の感覚ですが、こちらの料金は150~300元(2,700~5,400円)と、かなり安く本番をすることができます。

また基本料金だけですので、女の子へチップを渡す必要はありません。

向西村のアクセス方法

向西村の置屋へのアクセス方法は、歓楽領KTV音楽会所のすぐ隣でビルの中にあります。

向西村のこれだけは注意!

向西村の置屋の注意点としては、このエリアは公安当局の巡回が非常に多いため、少しの油断で捕まる可能性があります。

そのため向西村の置屋で遊ぶ際は、常に周りを警戒しながら遊ぶように十分に気をつけましょう。

また怪しいポンビキが多くいますので、安易について行ってしまうとホールドアップなど、いらぬトラブルに巻き込まれますので注意してください。

深センの風俗の体験談その2:エロ按摩「水雲軒」

筆者が中国の深セン入りして二日目に向かったのが、エロ按摩の水雲軒で中国人美女が多く在籍していると友人から情報を得ていたので、さっそく向かうことにしました。

ここでもまた四方八方からキャッチが来て女の子あるよ?かわいいよ?って、勧誘をしてきたのですが、意地でもフル無視を決め込みながら突破することにしたのです。

現地に着くといかにもという雰囲気のネオンで、内心のワクワクしながら店内に入ると、15人程の美女が出迎えてくれました。

どの子を指名しようか物色していると、一人の巨乳美女を発見してこの女の子を指名することに、それからロッカールームへと案内されたのです。

するとそこには大浴場があり、とりあえず満喫して身体の隅々まで洗ってもらい、王様気分を味わうことができました。

それからプレイルームへ移動して、全身の通常マッサージを丁寧にしてもらい癒やされていると、エロマッサージのスタートです。

彼女は上半身を脱いで、巨乳おっぱいを身体中に押し付けながら、フル勃起したち〇こを手コキしつつ、耳をアマガミしてきて興奮度がMAXに達していました。

その間彼女のおっぱいに吸い付き堪能していると、さすがに手コキだけでは物足りなく(汗)彼女にフェラの交渉をしてみると、なんと!OKをくれたのでお願いしたのです。

彼女は優しく丁寧にフェラをしてくれて、たまに根本深くまで濃厚にしゃぶってくれるので、5分ぐらいであえなくイッてしまいました。

最後に彼女にお礼として60元のチップを渡すと、嬉しそうに受け取りハグをしながら暑いディープキスをして帰ることにしました。

水雲軒の料金

エロ按摩の水雲軒はエロマッサージの質や女の子の質もかなり高くて、大浴場も満喫することができました。基本的に本番は無しで手コキのみとなっています。

料金は398元(約6036円)です。

この料金で大浴場から通常マッサージ、エロマッサージがセットになっているので、十分に満足することができます。

水雲軒のアクセス方法

エロ按摩の水雲軒のアクセス方法ですが、深センルオフホテルのすぐ隣で南湖路ストリートです。

水雲軒のこれだけは注意!

エロ按摩の水雲軒の注意点としましては、大浴場もあり他の外国人も多く利用しているため、スマホや財布などの貴重品をロッカーにしまった際は、盗まれないようにしっかりカギをロックしてください。

エロ按摩の水雲軒は、あくまでも手コキのみのエロマッサージですので、トラブルにならない為にも本番行為を強制しないように注意してください。

深センの風俗遊びまとめ

今回は中国の深センの風俗を徹底調査して、解説してきました。やはり深センでも公安当局の一斉摘発によって、店舗型の風俗はかなり減っています。

それでもマンション置屋やKTV、エロマッサージなどは、現在でもほそぼそと営業していますので、必ず好みの女の子を見つけてセックスをすることが可能です。

それでも公安当局の目は厳しいので、町中や店内で売春行為をする際は、安全の為にも常に警戒をしながら楽しみましょう。

-アジア
-,

Copyright© world-fuzoclife , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.