ヨーロッパ ランキング

ヨーロッパの風俗ランキング10!夜遊びがアツい国はここだ!

更新日:

ヨーロッパの風俗ランキングを大公開!

皆さん、こんにちは!淳也です。

筆者は過去に何度もヨーロッパへ風俗旅行に行っていますが、どこも日本では絶対に遊べないような風俗ばかりです。

大好きな東南アジアも場末感があっていいんですが、ヨーロッパはまた別次元の魅力があります。なんと言いますか、とにかく過激!それに尽きます。

そこで今回は、そんな過激なヨーロッパの風俗をピックアップし、筆者なりにランキング化してみました。

ヨーロッパへ風俗旅行に行きたいけど、どこに行こうかと迷っている… っという方の参考になれば嬉しいです。

ヨーロッパの風俗はどう考えればいいの?達人の捉え方

ヨーロッパの風俗は、当たり外れが激しいイメージ。男なら誰もが夢見るパツキンでセクシーな美女、人形のような可愛さを持つ美少女と本番ができます。

逆に超デブスやオバサンも多く、一度行って失敗したら、ヨーロッパの風俗に対してトラウマを抱えてしまうかもしれません。

ヨーロッパの風俗で注目するべき点は、「美女度」「遊びやすさ」です。危険度やコストはそこまで大差はありません。

それではいってみましょう!ヨーロッパの風俗ランキングです!!

ヨーロッパの風俗ランキング第10位:スウェーデン

■総合評価:70点!
■美女度:★★☆☆☆
■コスト:★★☆☆☆
■危険度:★☆☆☆☆
■遊びやすさ:★☆☆☆☆

スウェーデンの風俗のメリット

スウェーデンはフリーセックスが根付いているため、女の子と値段交渉をしてお持ち帰りするという文化があまりありません。

つまりナイトバーやディスコなどで女の子をナンパし口説いてセックス!っというのが一般的な遊び方です。無料でセックスができちゃうなんて、素晴らしい文化ですよね(笑)

コミュニケーションに自信が無いのでしたらエスコートがおすすめです。

スウェーデンの風俗のデメリット

スウェーデンでは置屋はもちろん、立ちん坊すらほとんどいないため、風俗で遊びたい!っという方にはおすすめしません。

ですので、女の子に声を掛けるのが苦手なコミュ障の方はスウェーデンでフリーセックスを楽しむのは難しいでしょう。

また抜きのあるエロマッサージはありますが、残念ながら本番はNG。手コキのみのフィニッシュとなるので、満足度は低いです。

ヨーロッパの風俗ランキング第9位:フィンランド

■総合評価:72点!
■美女度:★★☆☆☆
■コスト:★★☆☆☆
■危険度:★☆☆☆☆
■遊びやすさ:★★☆☆☆

フィンランドの風俗のメリット

フィンランドの風俗ではセクシーなロシア系美女が多く働いており、ロシアで買春するよりも安くセックスができます。

おすすめは連れ出し可能な置屋バー。いわゆる置屋のジャンルですが、店内で女の子とお酒も楽しむことができます。

コンビニや売店、駅などで簡単に買える新聞に、置屋バーの情報が掲載されていますので、気軽に現地で探すことができます。

フィンランドの風俗のデメリット

フィンランドの風俗で注意したいのが、フェラと本番は基本ゴム有りで、なおかつ25,000~30,000円と比較的高額なところです。

「それだけ払うんだから生本番してくれよ」と思いたくなりますが、ここはスウェーデン。あまりしつこくすると機嫌を悪くして帰ってしまうことがあります。

またスウェーデンの風俗で働く女の子の多くは英語ができません。交渉が難しいため、海外風俗初心者にはおすすめしません。

ヨーロッパの風俗ランキング第8位:フランス

■総合評価:74点!
■美女度:★★☆☆
■コスト:★★★☆☆
■危険度:★★★☆☆
■遊びやすさ:★☆☆☆☆

フランスの風俗のメリット

フランスでは売買春に対して非常に厳しいため、残念ながら店舗を構えている風俗はほとんどありません。

しかしブローニュの森と呼ばれる公園があり、そこには多数の立ちん坊がおり、5,000~6,000円ほどでセックスを楽しめます。

夜はもちろん昼間でも立ちん坊が多いため、24時間いつでも抜けるのが、ここフランスのブローニュの森のメリットでしょう。

フランスの風俗のデメリット

売買春と風俗が違法というデメリットの他に、実はブローニュの森にも注意しなければいけないことがあります。

それは美女率が低いこと。そして衛生面がシャレにならないほどヤバいこと。

ブローニュの森は木に囲まれた公園ですが、セックスする場所はその森の中です。下は草や土なので、ブルーシート一枚敷いてのプレイとなります。

もちろんシャワーなんてありませんから、汚さはヨーロッパの風俗でもトップクラスです。

ヨーロッパの風俗ランキング第7位:イギリス

■総合評価:78点!
■美女度:★★★☆☆
■コスト:★☆☆☆☆
■危険度:★☆☆☆☆
■遊びやすさ:★★★☆☆

イギリスの風俗のメリット

イギリスの首都ロンドンには、数え切れないほどの置屋があり、現地ではモデルハウスと呼ばれ、終日賑わいを見せています。

純イギリスの女の子は少ないですが、混血や移民の女の子が多く、多国籍な女の子から相手を選ぶことができます。

またモデルハウスは、繁華街の中心部にありますので、夜間に訪れても身の危険を感じること無く、安心して遊べます。

イギリスの風俗のデメリット

イギリスの風俗はとにかく高い!ゴム本番で20,000~30,000円ほどが相場となっており、エスコートですと50,000円近くかかることもあります。

ですので、イギリスで風俗三昧するためには、それなりの財力が必要で、気軽さはあまりありません。

ヨーロッパの風俗ランキング第6位:イタリア

■総合評価:81点!
■美女度:★★★☆☆
■コスト:★★★☆☆
■危険度:★☆☆☆☆
■遊びやすさ:★★★☆☆

イタリアの風俗のメリット

イタリアの風俗は、立ちん坊とストリップクラブが有名で、立ちん坊なら5,000円前後、ストリップクラブで12,000円程度でセックスが楽しめます。

特におすすめなのがストリップクラブで、これぞヨーロッパ美女!と呼べるセクシーな女の子ばかりが揃っています。

もちろんセックスに対しても情熱的でエロく、激しい大人の時間を過ごすことができるでしょう。

イタリアの風俗のデメリット

イタリアのストリップクラブでは、お持ち帰りはできるのですが、買春は違法行為のため、店側は知らないという暗黙の了解があります。

店側と警察がグルになったセットアップ行為はほとんどありませんが、一応違法行為だということを忘れてはいけません。

そして立ちん坊の中には、どう考えても未成年の女の子もおり、間違ってお持ち帰りしたら大変なことになってしまいます。必ずIDチェックをしましょう。

ヨーロッパの風俗ランキング第5位:スイス

■総合評価:83点!
■美女度:★★★★☆
■コスト:★★☆☆☆
■危険度:★☆☆☆☆
■遊びやすさ:★★★☆☆

スイスの風俗のメリット

スイスと言えば売買春合法の国。そして驚くことに16歳から売春業に就くことができるため、若い女の子が多いのが特徴です。

また風俗で働く女の子は、色白のパツキン美女が多く、これぞヨーロッパだ!という女の子と遊ぶことができます。

スイスの風俗でおすすめなのがセックスボックスで、ドライブスルーのように車で入り、そのまま非日常的なカーセックスを楽しめます。

スイスの風俗のデメリット

若くて可愛いヨーロッパ美女と遊べるのはこの上ない幸せですが、その分料金が高く設定されているのがデメリットです。

FKKでは1時間30,000円程度で、エスコートも25,000~35,000円ほどとコスト面は結構高くつきます。

また垢抜けた女の子が多いため、素人っぽさを求めている方には、少し不満が残るかもしれません。

ヨーロッパの風俗ランキング第4位:オーストリア

■総合評価:89点!
■美女度:★★★☆☆
■コスト:★★★☆☆
■危険度:★☆☆☆☆
■遊びやすさ:★★★★☆

オーストリアの風俗のメリット

少しでも安く可愛い女の子とセックスを楽しみたいのでしたら、ここオーストリアがおすすめ。

上品な女の子も多く、「え?こんな子が売春してるの?」と驚くような可愛さの女の子に圧巻すること間違いありません。

そして治安の良さも折り紙付きで、世界的に見ても犯罪数が少ない国のため、安心安全にセックスライフを楽しめます。

オーストリアの風俗のデメリット

オーストリアの風俗には、これといったデメリットはありませんが、唯一挙げるとしたら、FKKの料金です。

入場料が8,000~12,000円ほどで、これに女の子へは10,000円前後を支払う必要があるため、FKKでセックスをしようと思ったら最低20,000円は必要です。

また基本的には全ての風俗で生本番はできません。

ヨーロッパの風俗ランキング第3位:スペイン

■総合評価:92点!
■美女度:★★★★☆
■コスト:★★☆☆☆
■危険度:★☆☆☆☆
■遊びやすさ:★★★★☆

スペインの風俗のメリット

スペインはヨーロッパでもトップクラスの風俗大国です。至るところに置屋や立ちん坊が並んでいます。

女の子の年齢も20代前半が圧倒的に多く、また本場ラテン系スペイン美女が揃っているため、過激で激しいセックスを楽しめます。

みんな積極的な女の子ばかりですので、海外風俗が初めてという方でも特に構える必要なく遊べます。

スペインの風俗のデメリット

スペインの風俗は、コスト面が少し高くつくのがデメリットとなります。

立ちん坊は6,000円前後が相場と安いですが、置屋やエスコートですと、最低でも15,000円、場所によっては20,000以上になることもあります。

それでもヨーロッパの風俗の中では平均相場ですので、そこまで高いというわけではありません。

ヨーロッパの風俗ランキング第2位:オランダ

■総合評価:97点!
■美女度:★★★★★
■コスト:★★☆☆☆
■危険度:★☆☆☆☆
■遊びやすさ:★★★★☆

オランダの風俗のメリット

オランダの風俗で遊ぶメリットと言えば、やはりアムステルダムにある飾り窓エリアでしょう。この飾り窓のためにオランダへ行くという方も多いです。

アムステルダムの飾り窓は合法風俗のため、摘発や逮捕の心配無く安心安全に遊ぶことができます。

東ヨーロッパの美女が多く、いわゆるボン・キュッ・ボンのセクシーダイナマイトボディの女の子ばかり。全体的に容姿レベルが高く、満足のいくセックスを楽しめます。

オランダの風俗のデメリット

オランダの風俗は、先程ご紹介した飾り窓がメインで、多種多様な風俗が揃っているというわけではありません。これがデメリットになると思います。

立ちん坊もいますが、飾り窓では売れない容姿レベルの女の子で、飾り窓とよりも料金をふっかけてくることもありますのでご注意ください。

ヨーロッパの風俗ランキング第1位:ドイツ

■総合評価:99点!
■美女度:★★★★★
■コスト:★★★★☆
■危険度:★☆☆☆☆
■遊びやすさ:★★★★★

ドイツの風俗のメリット

ヨーロッパの風俗で圧倒的な人気を誇る国がドイツで、その理由はやはり世界最大規模のFKK。広大なエリアの中で、ドイツ人美女と夢のようなひとときを過ごすことができます。

ドイツの風俗で働く女の子は多国籍で、ルーマニア人、ロシア人、イタリア人、スペイン人など、ヨーロッパ各国の美女と遊べます。

また料金も6,000円からセックスが可能で、交渉次第では様々なプレイを楽しめます。

ドイツの風俗のデメリット

正直なところ、ドイツの風俗にデメリットを感じたことはありません。

一つ挙げるとすれば、ドイツなのに風俗で働く女の子の中に、ドイツ人は数えるほどしかいないということです。

ドイツ人とセックスをしたい!っという方にとっては少々不満かもしれませんが、地方の小規模なFKKなら地元ドイツ人が多く働いています。

ヨーロッパの風俗ランキングまとめ

ヨーロッパは風俗や売買春に対して寛大な国が多いため、海外風俗初心者でも安心して遊べるのが魅力です。

またランキング上位の国でしたら、現地の言葉が喋れなくても英語がある程度通用します。そこは大人の男と女の世界ですから片言の英語でも問題ありません。

一度でもヨーロッパの風俗で遊んでしまうと、日本の風俗に物足りなさを感じるかもしれません。それほどヨーロッパの風俗は過激で情熱的なのです。

セフレがどうしても欲しい人に使ってほしいアプリ!

セフレがいない?そんな生活から脱却!
実は、PCMAXには大人の関係を求める女性が沢山います。女性は恥ずかしがりだけど、性欲はあるんです。そこに気付けばしめたもの。

なんとA〇女優や女子大生、人妻もいます。PCMAXは不倫希望の人も多く、身体だけの関係を求める人も多いです。
登録は無料、デイリーボーナス使えばお得に使えます!まずは登録!

-ヨーロッパ, ランキング
-, ,

Copyright© world-fuzoclife , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.