ランキング

アジアの風俗ランキング10!美女とコスパ抜群で遊べるのはやっぱりあの国だった!

更新日:

アジアの風俗ランキング公開!
1位はどこだ?

皆さん、こんにちは!淳也です。

10年以上前、日本国内の風俗に通いまくっていた筆者ですが、ある時「もっと刺激が欲しい!もっとディープな風俗で遊びたい!」っと考えるようになりました。

そこで風俗目線を海外に向け、2~3ヶ月に1回以上の割合で、風俗で遊ぶために海外へ飛び、色んな国の女の子とセックスを楽しんできています。

特にアジアの風俗は、もはやマスターと呼ばれてもいいほど、ほぼ完全に制覇しています。

そんな筆者が、アジアの風俗を独断と偏見でランキング化してみました。

「いや、違うだろ!」「ここはもっと上位だろ!」などの意見もあるかと思いますが、その辺は優しくスルーしてあげてください(笑)

アジアの風俗はどう考えればいいの?
達人の捉え方

アジアの風俗は、欧米と比べてコストパフォマンスが良く、安く若い女の子と遊べるのが一番のメリットです。

またアジアは、貧困層が多いことから、食べていくために自ら体を売っている女の子が多く、私達日本人からしてみれば、少し考えさせられます。

しかしだからと言って可哀想という感情は必要無いと思います。男は抜いて満足し、女の子はお金をもらえます。お互いWin-Winの関係なのです。

このランキングでは、4つの指数から総合評価を100点満点で表示しています。

■美女度:美人系や可愛い系など、いわゆるブスでは無い女の子の割合を示しています。★の数が多いほど美人の割合が高いということです。

■コスト:どれだけ安く風俗で遊べるかを示しています。★の数が多いほど安く遊べます。

■危険度:国の危険度ではなく、風俗が密集するエリアの危険度です。★の数が多いほど、より危険となります。

■遊びやすさ:手続き、交渉、アクセスなど、遊びやすさを示しています。★の数が多いほど、遊びやすいということです。

実際に全ての国の風俗へ行った筆者の体験談を元に、それぞれの国の風俗のメリット・デメリットを解説していきます。

アジアの風俗ランキング
第10位:中国

■総合評価:75点!
■美女度:★★★★☆
■コスト:★☆☆☆☆
■危険度:★★☆☆☆
■遊びやすさ:★★☆☆☆

中国の風俗のメリット

中国の風俗には可愛い女の子が揃っており、またサービス内容も濃厚であるため、日本と比べてプレイ自体の満足度は高いと言えます。

特におすすめの風俗は上海のデリヘルで、社会的に地位の高い男が多いことから、女の子の質もハイグレード!モデルやタレントクラスの女の子と遊べます。

筆者が上海のデリヘルを利用した時には、A◯B48にいてもおかしくないほど、超可愛い18歳の女の子と中出しセックスができました。

中国の風俗のデメリット

観光客が遊ぶような中国の風俗の場合、同じ店でも女の子のルックスによって料金が異なるという点がデメリットです。

安いと10,000円程度で遊べますが、残念ながらデブ系やオバサン系が多く、35,000円程度出すことで、初めてハイグレードな女の子と遊べます。

とにかく中国の現地人がいくような置屋や立ちん坊を除き、観光客の風俗の利用は高いのでご注意ください。

アジアの風俗ランキング
第9位:マレーシア

■総合評価:78点!
■美女度:★★☆☆☆
■コスト:★★★☆☆
■危険度:★★☆☆☆
■遊びやすさ:★★☆☆☆

マレーシアの風俗のメリット

マレーシアの風俗で働いている女の子は、ASEAN諸国からの出稼ぎが多く、タイヤベトナム、フィリピンなどの女の子と遊べます。

多国籍の女の子と遊びたい!っという方には大変おすすめです。筆者はフィリピンの女の子をエロマッサージで指名しましたが、少しのチップで生本番までさせてくれました。

料金は合計3,000~7,000円程度ですので、財布の中身を気にせずに女の子を抱きまくれるのが嬉しいですね。

マレーシアの風俗のデメリット

「マレーシアの現地人とセックスがしたい!」という時には、地方にまで足を運ぶ必要があり、また正直女の子のレベルは低いです。

首都圏にも現地人の女の子はいますが、残念ながらそこまで多くなく、全体の1割にも満たないです。

マレーシア美人とセックスをしたかったのに、残念な思い出です。

アジアの風俗ランキング
第8位:シンガポール

■総合評価:82点!
■美女度:★★★★☆
■コスト:★☆☆☆☆
■危険度:★☆☆☆☆
■遊びやすさ:★★★★☆

シンガポールの風俗のメリット

筆者が初めてシンガポールの風俗で遊んだのはデリヘルで、連日連夜楽しみましたが、地雷を踏んだことは一度もありません。

それほどシンガポールの風俗にはハイグレードな女の子が揃っているということで、特に中国人系は驚くほどの美人ばかりです。

東南アジア系の女の子の場合は、安く遊べるのでめっちゃお得です。

シンガポールの風俗のデメリット

シンガポールの風俗のデメリットは、とにかく高い!もうそれだけです。

安くても20,000円程度は必要ですし、高いと40,000円以上かかることもあるため、日本とほとんど変わりません。

ただし値下げ交渉に乗ってくれる女の子も多いので、最初に優しく交渉してみるといいかもしれません。

アジアの風俗ランキング
第7位:台湾

■総合評価:83点!
■美女度:★★★★☆
■コスト:★★★☆☆
■危険度:★☆☆☆☆
■遊びやすさ:★★★☆☆

台湾の風俗のメリット

台湾の風俗でおすすめなのが、日本ではとても考えられないピンポンマンションの存在で、サクッと気軽にセックスが出来ます。

筆者が行ったのは台北にあるピンポンマンションで、マンションの全ての部屋に1人づつ女の子が待機していて、ピンポーンと呼び鈴を鳴らして直接女の子を物色します。

美人系よりも、背の小さな可愛い女の子が多いので、妹系が好きな男には天国かもしれません。

台湾の風俗のデメリット

最近になって台湾の風俗が頻繁に摘発されるようになってきており、運が悪いと逮捕されてしまうことがありますのでご注意ください。

またピンポンマンションは料金が高く、23,000~30,000円ほどが相場ですので、筆者のような庶民にはなかなか痛いです。

少しでも安くセックスがしたいのでしたら置屋がおすすめで、4,000円ほどで遊べますが、正直ブサイクばかりで、筆者は買う気にもなりませんでした。

アジアの風俗ランキング
第6位:インドネシア

■総合評価:85点!
■美女度:★★★☆☆
■コスト:★★★★☆
■危険度:★★★☆☆
■遊びやすさ:★★☆☆☆

インドネシアの風俗のメリット

インドネシアの風俗は、コタインダーと呼ばれる、いわゆる置屋バーが多く、とっても安く遊べるのが大きなメリットです。

日本人がコタインダーへ行くと、当たり前のように3Pを勧められ、女の子2人と5,000円程度で遊べちゃいます。

筆者は何度もインドネシアへ行っていますが、安いだけではなく、女の子の年齢が全体的にかなり若い印象です。(未成年者と思われる女の子も多いので注意してください)

性格も明るい子が多く、快楽だけを求めるセックスというよりも、キャッキャ言いながらの楽しいセックスを味わえます。

インドネシアの風俗のデメリット

インドネシアの風俗で筆者が気になったのは、どこの店も女の子の容姿によって、料金が大きく異なることです。

モデルのように可愛い子ですと、通常の倍、もしくは倍以上の料金をふっかけられますが、これは交渉次第で値引きしてもらうことも可能です。

またセックスはできますが、キスや手マン、フェラはNGという女の子ばかりなので、前戯が大好き!っという人にはちょっと不満が残るかもしれません。

アジアの風俗ランキング
第5位:ベトナム

■総合評価:85点!
■美女度:★★★☆☆
■コスト:★★★★☆
■危険度:★★★☆☆
■遊びやすさ:★★★☆☆

ベトナムの風俗のメリット

筆者がベトナムの風俗に行った際、他の東南アジア風俗と比べて「色白で可愛い系が多い」という印象を受けました。

東南アジア系独特の褐色系の女の子が苦手という人におすすめかもしれません。

ベトナムの風俗は、やはり床屋がおすすめです。店の外観は完全に床屋なのですが、中に入るとセクシーなドレスを着た女の子がいっぱい。

個室も用意されており、6,000円程度でセックスできますので、日本人からしてみれば、かなり安いです。

ベトナムの風俗のデメリット

みんなでワイワイガヤガヤと楽しめる日式カラオケ(JKTV)は、日本語が喋れて容姿レベルも高いですが、とにかくお持ち帰り料金が高いです。

ショートでも20,000円ほどしますし、ロングですと40,000円取られることもありますので、日式KTVでのセックスはおすすめしません。

しかも筆者の場合には、この料金以外にチップも半強制的に支払わされたため、ベトナムの日式KTVに良い思い出はありません。

アジアの風俗ランキング
第4位:韓国

■総合評価:89点!
■美女度:★★★★☆
■コスト:★★☆☆☆
■危険度:★☆☆☆☆
■遊びやすさ:★★★★☆

韓国の風俗のメリット

韓国の風俗には、まるでK-POPアイドルにいてもおかしく無い容姿レベルの女の子が多く、誰もが驚くこと間違いありません。

特に按摩(日本でいうソープランド)にはモデル体型の女の子が揃っており、積極的なディープキスやフェラ、そして激しく濃厚なセックスを楽しめます。

按摩で挿入している最中に別の女の子が乱入!いきなりの3Pなんてハプニングもここでは当たり前でした。

お尻の小さな美脚美女とセックスしたいなら韓国がおすすめです。

韓国の風俗のデメリット

先述した通り按摩が韓国で最もおすすめの風俗ですが、他にも現地韓国人がよくいうキスバンという風俗があります。

このキスバン、基本的にはキスや手コキをしてもらえるソフト風俗なのですが、いかんせんブサイクが多いです(汗)安いので仕方ありませんが、とてもキスしたい気持ちにはなりませんでした。

また日本人とわかると、キスバンでもぼったくり価格を提示してくることがありますので注意が必要です。

アジアの風俗ランキング
第3位:カンボジア

■総合評価:95点!
■美女度:★★★☆☆
■コスト:★★★☆☆
■危険度:★★★★☆
■遊びやすさ:★★★☆☆

カンボジアの風俗のメリット

カンボジアはまさに風俗大国。表立って営業しているわけではありませんが、どこに行っても置屋がたくさんあります。

シェムリアップというエリアにある置屋街へ行ってきましたが、置屋が所狭しと並んでおり、外には立ちん坊もめちゃくちゃ多くいました。

交渉次第では、3,000円程度でセックスが可能ですが、相場は5,000円。それでもサービス精神が良いカンボジアの女の子ですので、恋人のような濃厚プレイが可能です。

全体的に10代後半から20代前半が多いのも、筆者にとって最高でした。

カンボジアの風俗のデメリット

バービアやマッサージパーラーでしたら、初めてカンボジアに来た観光客でも問題ありませんが、置屋は注意が必要です。

そこまで治安は悪くありませんが、置屋があるところは、暗くて場末感漂う異様な雰囲気。しかも見た目は全く置屋に見えない店が多いです。

なのでカンボジアの置屋へ初めて行く人は、必ずガイドや慣れた友人と一緒に行くようにしましょう。オドオドしているとぼったくり被害に遭ってしまうこともあります。

アジアの風俗ランキング
第2位:タイ

■総合評価:98点!
■美女度:★★★★★
■コスト:★★★☆☆
■危険度:★★☆☆☆
■遊びやすさ:★★★★☆

タイの風俗のメリット

東南アジアの中でもトップクラスの可愛さを誇るタイの女の子。スタイルも抜群で人懐っこい性格、そして超が付くほどのエロさに圧巻です。

ゴーゴーバーやバービア、マッサージパーラー、置屋、援交カフェなど、タイには色々な種類の風俗があり、何度遊びに行っても飽きません。

タイで買春は違法行為ですが、タイにとって風俗産業は大きな収入源のため、当局も黙認している状態です。

料金は他の東南アジアと比べて高いですが、それでも10,000円あればセックスはできますし、ローカル置屋なら5,000円ほどと激安。

アジア風俗の登竜門的な存在のタイですから、初めて海外の風俗へ行く方でも安心です。

タイの風俗のデメリット

タイには、レディボーイと呼ばれる、いわゆる「ニューハーフ」が非常に多く、ホテルにお持ち帰りしたら男だった!なんてことはよくある話です。

「そんなの見分けが付くだろ」と思ってしまいますが、相当タイに行き来しない限り、見分けるのは不可能です。

手術でチ◯コを取り、人工マ◯コを入れているレディボーイも多いことから、本人から打ち明けられない限り、いつの間にかレディボーイとセックスをしていた、なんてことになります。

レディボーイを受け入れられる人ならいいですが、もし絶対嫌だ!っという人は、事前にママさんに伝えておくことをおすすめします。

アジアの風俗ランキング
第1位:フィリピン

■総合評価:99.9点!
■美女度:★★★★★
■コスト:★★★☆☆
■危険度:★★★★☆
■遊びやすさ:★★★★★

フィリピンの風俗のメリット

アジアナンバー1の風俗と言えば、やはりフィリピンでしょう。筆者はもう、数え切れないほど、フィリピンへ遊びに行っています。

フィリピンは、ミス・インターナショナルやミス・ユニバースなどのコンテストで、何度も優勝者を出している美人大国です。

スレンダーで美脚、ツンと上を向いたハリのあるお尻、褐色系の肌… もはや全てがパーフェクトです。

ワンランク上の美女たちが、フィリピンの風俗で多く働いており、多くの場合、生挿入中出しがマスト。しかも10,000円程度でお持ち帰りができます。

風俗の種類も豊富で、ゴーゴーバー・エロマッサージ・置屋・デリヘル・KTV・援交カフェ・立ちん坊、なんでも揃っています。

フィリピンの風俗のデメリット

フィリピンの風俗街があるエリアは、治安の悪いところが多く、ホールドアップやスリなどの被害が多発しています。

特にフィリピンは銃社会ですので、少し抵抗すると躊躇無くバンっと撃たれてしまいますので、もしもの時には素直にお金を渡してしまうのが吉。

また風俗エリアにはしつこい客引きが多く、かなりぼったくってくることがありますので、無視しましょう。

アジア風俗ランキングまとめ

今回は、アジア系大好きな私、淳也がアジアの風俗をランキング化してみましたが、行ってみたい国はありましたでしょうか?

まだまだアジアは貧困層の多い国が多いため、比較的安くセックスを楽しめますが、そこには危険が伴うことを忘れてはいけません。

初めてアジアの風俗へ遊びに行く場合には、慣れた知人や友人と一緒に行かれることをおすすめします。

その際には、是非こちらのランキングを参考にしてみてくださいね。

-ランキング
-, ,

Copyright© world-fuzoclife , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.