ヨーロッパ

【令和最新】パリの風俗・夜遊び潜入!華の都は女性も美しい!

投稿日:

パリの風俗事情とは?

皆さん、こんにちは!淳也です。

パリはオシャレな街並みや女性たちがいて、観光スポットも数多く存在しますので、世界中から旅行者が訪れています。

そんなパリの風俗といえば、元祖高級店やお高い女性たちばかりと思われがちで、庶民には手が出せない雰囲気があります。

確かに昔はそうだったかもしれませんが、現在では高級店ばかりではなく、ヨーロッパ美女と安くセックスを楽しめるようになりました。

筆者もヨーロッパ美女を求めて、パリの風俗に突撃し、セックス三昧を経験してきました。

パリで風俗が盛んな都市、エリアは?

パリの風俗が盛んな都市といえば、マルセイユやリヨン、ボルドー、ニースなどが挙げられます。

こういった都市は、何処も観光客へ向けた様々な風俗が展開しており、町中で連日に渡って女性たちと売春行為が行われています。

その中でもパリの風俗は一番盛んな都市で、サン・ドニ通りやパサージュ通り、セバストポル通りなどがあり、風俗の聖地として知られています。

パリで盛んな遊び方は?

パリの風俗で盛んな遊び方といえば有名なのが、町中にあるブローニュの森が知られており、森のそこら中で売春行為が行われております。

ブローニュの森の風俗はテントや車内で性行為をするため、難易度が高い遊びとなっていますので、初心者の方はそれなりの勇気が必要です。

そうなってくるとやはり町中の立ちんぼや個室付きバー、連れ出しナイトクラブ、デリヘル、エロサウナなどが盛んな遊び方になっています。

ただブローニュの森や町中の立ちんぼなど、美人局や強盗など十分に気をつけてください。

パリの風俗は高い?安い?

パリのブローニュの森で女性たちとセックスをする場合はゴムフェラ20ユーロ(約2,400円)ゴム本番50ユーロ(約6,000円)が料金相場です。

個室付きバーの料金ゴムフェラ&ゴム本番6,000円、ナイトクラブの料金ゴムフェラ&ゴム本番10,000~15,000円です。

こうして見ると分かりますが、パリの風俗は日本の風俗と比較すると安くなっていますので、経済的に余裕があれば3Pもできるでしょう。

パリでは風俗は合法?違法?

かつてフランスの風俗は合法扱いとなっていましたが、現在では違法扱いとしています。

そのためパリの風俗で女性たちと売買春をすることは違法行為となり、見つかれば180,000~450,000円の罰金を支払わなければなりません。

パリの風俗は今では政府によって厳しい規制がありますので、市内で売春行為を行う際は周りを警戒して十分に気をつけてください。

パリの風俗の体験談その1:連れ出しナイトクラブ「Gibus Club」

フランスのパリに入国した筆者は、まず初日に向かった先は連れ出しナイトクラブで地元民から人気がある、Gibus Clubへ行きました。

ホテルを出てさっそく現地に向かい店内に入ると、タイのゴーゴーバーのように女性たちが水着や下着姿でフロア内のあちらこちらにいて驚愕(汗)

そんな楽園な光景に筆者は、どきどきわくわくと興奮が抑えきれません(笑)カウンターに座りお酒を頼むと、さっそく複数の女性たちから声を掛けられ、もしかしてモテてる?って思ってしまいました。

しかし好みの女性がなかなか居ないので、しばらく観察しながらお酒を飲んでいると、一人の女の子が目に入りました。

見た目は25才くらい金髪ロングで高身長!まさに筆者好みの美女だったので、声を掛けて一緒にお酒を飲むことにしたのです。

しばらく会話をしていると、彼女はどうやら田舎から出稼ぎに来ているらしく、ナイトクラブなどで生計を立てるとのことです。

かなり愛嬌があり話やすかったので、すぐに意気投合することができて、連れ出しを提案するとOKがでました。

それから一緒に店内からでて、近くのホテルに移動して部屋に入ると、彼女から濃厚なディープキスをしてきて、二人でシャワーをすることにしたのです。

彼女が服を脱いで裸になると、綺麗なピンク色のちくびにおっぱい、そして綺麗なパイパンにかなり興奮しました。

お互いの体を洗い合っている間すでにフル勃起をしており、その場で嬉しそうにフェラをしてくれました。

それからベットにいき、キスをしてからまたフェラをしてくれて、その間おっぱいやちくびを攻めていると、少しづつ息が荒くなっていく彼女はそのまま69になったので、クリやま〇こを舐めました。

それからゴムを付けて彼女を窓際に立たせて、手をつけさせるとバックで一気に奥まで突いたら、激しく感じ始めたのです。

しばらく立ちバックで突きまくり、その場で立ち正常位になり片足を持ち上げて、突きながらキスをしました。

最後はゴムを外して、顔に思いっきりかけてフィニッシュです。一戦を終えてシャワーを浴びて帰ることにしました。

Gibus Clubの料金

・Gibus Clubの入場料は30ユーロ(3,000円)
・連れ出し料は50~70ユーロ(6,000~8,500円)
・プレイ料金は90~120ユーロ(10,000~15,000円)

女性と上手く交渉して連れ出すことができれば、本番をすることができます。

筆者が連れ出した女の子はコミコミで20,000円でしたので、安く済ませることができました。

Gibus Clubのアクセス方法

Gibus Clubのアクセス方法ですが、ピガール広場から徒歩5で行くことができます。

Gibus Clubのこれだけは注意!

Gibus Clubhaナイトクラブという事もあり、店内は人がかなり多いため、スマホや財布など貴重品が盗まれることがありますので、酔っぱらいになり過ぎないように十分に気をつけてください。

また女の子によっては、かなり料金を上乗せしてきてぼったくろうとする場合もあるので、注意しましょう。

パリの風俗の体験談その2:立ちんぼ「ブローニュの森」

一日目に筆者はナイトクラブで満喫しましたが、二日目に向かったのがパリでも有名な立ちんぼスポット、ブローニュの森へ行くことに決めました。

ブローニュの森は強盗や殺人事件があると聞いていたので、かなりドキドキしながら現地に向かうと、確かにあちらこちらに立ちんぼがいました。

好みの女性を探すためにブローニュの森を探索していたのですが、おばさんばかりで若い女の子が見つからない、、、(汗)

1.2時間の間ブローニュの森を彷徨っていると、ようやく一人の若い女の子を発見!がしかし好みの子じゃない(泣)

ただ時間もほしいですし値段交渉をすることに、、(汗)交渉が成立すると、ひと目が気にならない茂みへと移動して服を脱ぎました。

彼女のおっぱいやま〇こを少しだけ攻めると、早々にゴムを付けさせられてフェラをしてくるのです。

さっさと終わらせたいのか?って内心思ったのですが、これがブローニュの森の立ちんぼかと自分を納得させて、そのまま茂みに横になり正常位で插入してから騎乗位になりました。

彼女は騎乗位で激しく腰を振り続けて、なんとかイクことができたので、まぁ良いでしょうと思いながら帰ることにしました。

ブローニュの森の料金

ブローニュの森の立ちんぼの料金相場は、ゴムフェラ20ユーロ(2,400円)
ゴム本番は50ユーロ(6,000円)です。

筆者は7,000円の値段で交渉して本番をすることができました。

ブローニュの森のアクセス方法

ブローニュの森のアクセス方法ですが、市内を走っている43番、73番、82番のメトロバスに乗り込み現地に向かうだけです。

ブローニュの森のこれだけは注意!

ブローニュの森は過去に何回も殺人事件などが起きていますので、あまり遅い時間帯に行くことはおすすめできません。

衛生管理や女の子の質が気になる方は、ブローニュの森の立ちんぼはやめておいた方が良いでしょう。

パリの風俗遊びまとめ

この記事ではフランスの首都、パリの風俗について解説してきました。

パリの風俗は高級店ばかりだけでなく、ローカルな場所もありますので、十分に楽しむことができます。

パリの女性は基本的にモデルみたいな子が大勢いますので、必ずお気に入りの女の子を見つけることができます。

基本的にパリでは売春行為が禁止されていますので、女の子を連れ出す際はトラブルに巻き込まれない為にも、十分に警戒しておきましょう。

-ヨーロッパ
-,

Copyright© world-fuzoclife , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.