中東

トルコの風俗・夜遊び潜入! 公営飾り窓よりグレーなマッサージが良さげ?

投稿日:

トルコの風俗事情とは?

こんにちは、ケバブ大好き! がみひろきです。

ケバブ…いいですよね。神戸港にモザイクという商業施設があるんですが、そこにトルコ料理屋があって、店先でケバブの匂いを漂わせているんです。店先ではトルコアイスも売っていて、なんともいい雰囲気だったんですよね。

東京だと秋葉原と言えばケバブ、みたいなイメージがあります。

そんなケバブの国でおなじみのトルコ。

世界三大料理に数えられるトルコ料理の国、トルコ…。

ただ、風俗好きはトルコといえば「トルコ風呂」を思い出すのではないでしょうか。まあ、トルコ風呂はトルコにはないんですけどね。

じゃあトルコにはどんな風俗があるのか?

今回はそんなトルコのリアルな風俗事情と、風俗体験談を紹介します!

トルコで風俗が盛んな都市、エリアは?

トルコの風俗遊びと言えば、イスタンブールです。

特にkodemという通りには公営飾り窓がたくさんあり、国内屈指の赤線地帯として名を馳せています。

風俗店だけでなく、イスタンブールにはバーもたくさんあって、遊びが盛りだくさんですからね。夜遊び目当てに出歩く現地人も外国人も大勢います。やはり、どの国でも主要都市が主な遊び場になるんですねえ。

トルコで盛んな遊び方は?

トルコには公営飾り窓があります。

イスタンブール市をあげて、国をあげて運営しているんですよ。基本的には売春を禁じているものの、風俗店が果たす社会的役割が大きいため前面禁止というわけにもいかず、公営の飾り窓を設置することにしたのかもしれませんね。

飾り窓というのは、女性の姿を通りを歩きながら見られる業態のことです。

ショールームみたいになっていて、ガラス張りの部屋で綺麗なランジェリー姿やトップレス姿の女性を見ながら、どの子と遊ぶかを選べるんですよ。

トルコの風俗は高い? 安い?

トルコの公営飾り窓の料金は、30分で50TRY~100TRY(約800円~1500円)あたりが相場です。

近年はトルコリラのレートがかなり落ちているため、日本人的には破格の値段に感じられますね。レートが落ちる前も3000円前後だったので、それでも安いですが…。

なんだか笑ってしまいそうになりますが、情勢を考えると笑えませんね。

トルコでは風俗は合法? 違法?

トルコは基本的に売春を禁止しています。

それでも風俗は必要だということで、公営飾り窓があるんです。

公営飾り窓にいるのは、売春婦として登録してライセンスを取得している女性だけとなっています。性病検査もしっかり行っており、身元も保証されているので安全性はとても高いです。

ただ、売春婦として登録しておらずライセンスを持っていない人が売春を行うのは、違法なんですよ。

そのためか、置屋バーなどもありますが、デカデカと看板を出さず宣伝もせずひっそりと営業が行われています。

ディスコにも個人の売春婦がいるものの、見つかれば処罰の対象になるわけです。

トルコの風俗体験談その1:公営飾り窓

「外国人お断り」「日本人は入れるけど入場料必要」など、事前情報を得ていたものの実際に行ってみなければ真相はわかりませんよね。

そういうわけで、トルコの公営飾り窓に筆者も行ったことがあります。

飾り窓は他の国で行ったことがありましたが、トルコの公営飾り窓は入り口にセキュリティがいました。金属探知機みたいな物々しい機械も置かれていて、入り口には門番のような警備…。

なにこれ超怖い! 風俗に行くってレベルじゃないよ…と思いながらも、意を決して中に入ろうとします。

すると、声をかけられました。

「日本人か? 通りたければ入場料を払え」

ド直球ですね。どうやら日本人でも入れるには入れるらしいですが、事前情報どおり入場料を求められました。

「いくら?」と聞くと、「50」と返ってきます。今なら小銭程度ですが当時のレートだと確か1500円くらいしたような…。中でも50~100TRY払うことになると考えると、少し億劫になります。

「まあ、公営だし税金で運営してるんだろうし、観光客は税金払ってないしね」と無理やり自分を納得させ、入場料を支払いました。

中は照明が暗く、数人の女の子が待機しています。他の国だと飾り窓は熟女が多かったんですが、ここは玉石混交という感じで美人な若い子から程々の熟女まで幅広く在籍していました。

筆者は見た目が好みなら年齢は関係ないと思っているので、恐らく30代くらいの巨乳の人を選びます。

実際に公営飾り窓で遊ぶ流れは、こんな感じでした。

・入り口でセキュリティチェックを受け、入場料を払う
・中に入って女の子を選ぶ
・個室に移動してプレイを行う
・内容はゴムフェラとゴム本番、時間は30分程度

個室は本当に簡素な感じで、遊んでいる感覚は完全にちょんの間です。

プレイ内容はガチガチに決まっていて、チップを払ったからと言ってサービスが追加されるわけではありません。

本当に「一発やって帰るか」という、作業感のあるプレイでしたが、安さを考えると結構良いですね。

公営飾り窓の料金

料金は30分で50~100TRY(約800~約1500円)です。

入場料に関しては、ふっかけられる金額はそのときどきによります。「50TRYだった」という人もいれば、「80TRYだった」という人もいるんです。多めに持って行ったほうが良さそうですね。

また、中に入ってしまえば外国人だろうと関係なく接してくれますし、追加料金が取られることもなく安心です。

公営飾り窓へのアクセス

トルコの公営飾り窓は、Kademという通りにあります。

「Kameralti」というバス停が最寄りで、バスを降りてそのまま西に行けば着きますよ。周囲は飲み屋などが多く、繁華街然としているため、わかりやすいです。そこに飾り窓がいくつかあります。

近くにセキュリティがいるので、すぐにわかるでしょう。

公営飾り窓のこれだけは注意!

今回入った飾り窓は入場料を払えば通してくれましたが、場所によっては完全に外国人お断りにしている場合もあります。

公営飾り窓は「こんなのがあるのか」という見物程度にして、中に入れたらラッキーだと考えている方が良いでしょう。

トルコの風俗体験談その2:エロマッサージ「Lara Erotic Massage」

トルコにはエロマッサージがあると聞いていたので調べたんですが、この「Lara Erotic Massage」以外はネットに情報がありませんでした。ホームページなどもなく、マッサージパーラーの情報を集めたサイトにも情報がありません。

本番をしていないためグレーゾーンという扱いなんでしょうが、あまり大々的には宣伝をしないんでしょうね。

そんなこんなで唯一ネットで情報が得られたLara Erotic Massageに行ってきました。

ここは女の子の年代が10代後半から20代前半が多く、若い子に体を触られたいという人にはぴったりです。しかもトルコ人が多いので、地元の女の子と交流できる良い機会にもなりました。

実際に遊ぶ流れは、こんな感じです。

・店に事前に連絡をして遊ぶ約束を取り付けておく
・送られてくる住所に行く
・着いたら連絡をして部屋番号を教えてもらう
・部屋に入ってマッサージ開始

事前に連絡をして遊ぶ約束を取り付けると、店の住所が送られてきます。

住所は普通にネットにも公開しているので、日本のメンズエステとは少し違いますね。

行ってみるとそこは普通のアパート。到着後に連絡をすると部屋番号を教えてくれるというシステムになっていました。ここは、日本のメンズエステと同じですね。

時間は45分、60分、90分、120分を選べます。

筆者は90分を選びました。

今回遊んだ女の子は若いトルコ人の女の子で、胸は普通よりほんの少し大きいくらい。胸よりもスラッと健康的に伸びる足と、柔らかい太もものほうが魅力的に見えました。

最初は日本のメンズエステのように、際どいところも流してくれる健全マッサージです。これがまたすごく上手で、あっという間に虜になってしまいました。

マッサージ中も普通に勃起させてこようとしてくるし、乳首はいじってくるし、胸はあたるし…。

時間もいよいよ大詰めというところで手コキをしてくれて、フィニッシュ。

基本的には手のみですが、エロマッサージの満足度が高いためおすすめです。

Lara Erotic Massageの料金

Lara Erotic Massageは時間によって料金が決められているわけではなく、時間と女の子とマッサージの種類によって複雑に決まるようです。

会員になって利用回数が増えると50%オフになるとのことですが、今回は250TRY(約4000円)支払うことになりました。

約4000円というのは現在のレートで、当時はもう少し高かったように思います。

Lara Erotic Massageへのアクセス

「Persembe Pazari」というバス停が最寄り駅で、バスを降りてから15分ほど歩くとマッサージルームのあるアパートが見えてきます。

目印は無いに等しいので、グーグルマップをしっかり見ながら行ったほうが良いでしょう。アパートの前についたら店に到着の連絡を入れ、部屋番号を聞き、アパートに上がってください。

Lara Erotic Massageのこれだけは注意!

エロマッサージではありますが、基本的には普通のメンズエステに手コキが加わっただけです。

女性に対する激しいお触りなどはできませんし、手コキ以上のサービスの交渉もあまり望めません。大人しくマッサージを受けて気持ちよくなりながら、ハンドフィニッシュを楽しむように心がけましょう。

トルコの風俗遊びまとめ

トルコは料理のバリエーションが豊かで、どれも美味しく、日本人にも親身になってくれるので旅行するのには楽しい国です。

筆者もトルコに行ったときは料理と酒を満喫し、それだけで満足することもあります。

風俗遊びは公営飾り窓があるくらいだからしやすい…と思いきや、案外遊びにくい国です。

ただ、公営飾り窓も決して悪くはありません。日本のちょんの間と同じ感覚で遊べるのでハードルが低いですし、日本のちょんの間が好きな人にとっては作業感も気にならないでしょう。

エロマッサージも店舗がたくさんあるわけではなさそうですが、かなりハイクオリティです。

トルコ料理を満喫するついでにでも、立ち寄ってみてはいかがでしょうか。

-中東
-,

Copyright© world-fuzoclife , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.