アジア

【令和最新】タイの風俗・夜遊び潜入! 都市もリゾート地も種類豊富で激アツ!

投稿日:

タイの風俗事情とは?

皆さん、こんにちは! がみひろきです。今回はアジアの風俗と言えば外せないタイの風俗について、紹介していきます。タイと言えばバンコクやチェンマイなどさまざまな観光地があり、多くの日本人が訪れる国です。

市街地には遊びがあり、市街地から離れれば雄大な自然もあり、日本とは異なる様式の寺院も多々あり、楽しい国ですよね。

だけど男にとっては、タイは夜遊び大国! タイに行って風俗に行かないのは、男としてはもぐりでしょう。

タイはなんと言っても風俗の種類が豊富で、店も多いのが特徴。日本にはない業態もあり、なかなかに楽しめます。

タイで風俗が盛んな都市、エリアは?

タイで風俗が盛んなエリアは、大きく分けて「バンコク」と「パタヤ」の二つです。

バンコクはタイの首都で、日本からもLCC便がたくさん飛んでいて行きやすい街。日本の首都圏に風俗店が集中しているように、タイも首都であるバンコク圏内に風俗店が集中しているんです。

そんなバンコクには、6つの風俗エリアがあります。

・外国人が多い「スクンビット」
・日本人街の「プロンポン・トンロー」
・カラオケ街タニヤなどを含む「シーロム」
・マッサージパーラーが多い「ホワイクワン・ラーマ9世」
・立ちんぼが多い「ヤワラー」
・バックパーカーの聖地「カオサン」

一方パタヤは、近年人気が高まっているリゾート地。海鮮料理がおいしいレストランやショッピングモールなど、普通に観光するのも楽しいところです。

ただ、そんなリゾート地としての側面を影から支えているのが、風俗店なんですよ。

パタヤは特に「バービア」という、飲んだりゲームをしたりしながら、女の子を連れ出せる業態が豊富です。

他にも置屋やゴーゴーバーなどもあります。

タイで盛んな遊び方は?

タイには、さまざまな業態の風俗店があります。その中でも特に人気なのが、ゴーゴーバーです。

ゴーゴーバーはお酒などを飲みながら、セクシーな衣装で踊る女性を眺めることができる店。日本で言うところのショーパブに近いですが、全裸で踊っている女性もいたりして、ゴーゴーバーのほうが大胆です。

しかも、飲みながら女の子を見て気に入った子がいれば席につかせたり、お持ち帰りしたりすることができます。

要は、ショーパブとキャバクラとホテヘルを悪魔合体させたような業態ですね。ホテヘルと言いましたが、本番(セックス)までできますよ。

タイに行くなら、一度くらいはゴーゴーバーで遊ばないと損です。タイと言えばゴーゴーバー、ゴーゴーバーと言えばタイですから。

さらに、「マッサージパーラー」もおすすめです。

ひな壇に並んでいる女性を見て指名するシステムで、遊んでいる感覚はソープランドに近い印象があります。日本のソープに行ったことがあれば、違和感なく遊べますよ。

また、日本人にはカラオケも人気があります。

ほとんどキャバクラですが、カラオケと連れ出しが楽しめるのが日本のキャバクラと異なる点です。連れ出した先では、もちろん風俗的なサービスが待っています。

タイの風俗は高い? 安い?

細かい料金相場は業態によって変わってきます。

たとえばゴーゴーバーだと、バーファインが1000~1500バーツあたりが相場です。

バーファインというのは、女性を連れ出すときに店に支払うお金のこと。連れ出した先で、時間に応じたチップを支払うことになります。

ショートだと2000~2500バーツ、ロングだと4000バーツ程度が相場です。ショートは2時間程度、ロングはだいたい朝方までという時間になっています。

1バーツを約3円とすると、ショートで6000~7500円ということです。バーファインを合わせても1万5千円もあれば足りますね。

マッサージパーラーなら相場は2000バーツ前後です。女性のレベルによっては、これより安くなることも高くなることもあります。チップは200パーツ前後必要で。

日本の風俗と比べると、かなり安く感じられるのではないでしょうか。

ただ、タイは格差社会で学歴や職歴による収入格差が激しいです。バンコクの平均年収は53万バーツ程度(約182万円)だと言われています。

それでも物価が安く食費などが抑えられているため、日本の価格感に当てはめると500万円くらいには感じるでしょう。

タイの現地人の一般的な価格感で言えば、タイの風俗はバンコク市民には安く感じられ、それ以外の地域だと妥当または少し高い程度です。

タイでは風俗は合法? 違法?

タイの風俗はほとんどが違法です!

ただ、取り締まりはほとんどありません。

日本的に考えれば、タイの風俗は基本的に本番を含むため、「売春」として罰せられそうですよね。

タイにも売春を取り締まる法律がありますが、刑事処罰はないんです。

つまり、タイの風俗のほとんどは「合法とは言えないけど刑事罰はない」ということです。

そのためか、タイでは風俗店の本番行為が完全に黙認されています。

いわゆるグレーゾーンですね。

それに、タイでは本番行為を理由として客が捕まったという例はないんです。

未成年者や不法滞在者などを雇っていたり、仏教の禁酒日に店を営業し酒を提供したことで警察から指導されたり、営業停止処分になったりした店はありますけどね。

また、日本と同じ「黙認」という姿勢ではあるものの、日本よりタイのほうがとても緩いです。

普通に店の外で値段交渉をしますし、テーメーカフェの前で女性と男性が交渉したりするのも日常茶飯事となっています。

まとめると、こういうことです。

タイの風俗のほとんどは厳密には違法だけど、刑事罰もなく客が捕まることもなく、国からも黙認されているグレーゾーン!

タイの風俗の体験談その1:ゴーゴーバー「CRAZY HOUSE(クレイジーハウス)」

まず紹介するのは、人気のゴーゴーバー「CRAZY HOUSE(クレイジーハウス」です!

店はソイカウボーイの大きな通りに面しており、外観は少しオシャレな雰囲気があります。ネオンはギラギラしているんですが、壁と入り口がどこかシックでカッコいいんですよ。

入り口にはスタッフが座っていて、店に入ろうとすると100バーツ払うことになります。なんだか門番みたいですよね。

ただ、今回は払ったものの「一度引き返そうとするとタダで入れた」「徴収されなかった」と、払わなくても良かった場合もあるそうです。

入り口にたれかかっているカーテンを抜けると、そこには大きなステージが広がっていました。

そして、店に入った瞬間に度肝を抜かれる光景が目に飛び込んできたんです。

女性全員、素っ裸じゃないか…!

思わずため息が出ます。「最高じゃないかここは…」

初入店の驚きから心を落ち着かせて周囲を見ると、店内はあまり広くありませんでした。ただ、2階建てになっているのでそこそこのキャパシティがありそうです。

1階の席に案内されて座りながら上を見ると、なんと2階の床の一部がガラス張りになっていました! 下から2階で踊っている女性が見えるじゃないですか…。

素っ裸なのに下から見上げるというのは…これはこれで、楽しいものです。パンツ覗きとは違う背徳感があります。

実際の遊びの流れは、こんな感じです。

・席に座る
・ドリンクを頼む
・飲みながら女性が全裸で踊っているのを前から見たり、下から見たりする
・良さそうな女性を見つける
・スタッフに声をかけて、「あの女性が良いです」と女性の番号を伝える
・女性が横に来るので、喋ったりイチャイチャしたりする
・連れ出したいと思ったときは「How much?」と値段交渉をする
・料金に問題なければ「OK」と言う
・スタッフにバーファイン(ペイバー)を払う
・女性が服を着るのを待ってから、一緒に店を出る
・後は食事したりホテルに行って本番したり…

タイの…というかアジア女性の技は、最高ですよ。日本の風俗嬢よりノリノリでサービスしてくれるので、彼女やセフレと楽しんでいるような感覚になります。

体位も一辺倒ではなく、気分に合わせてさまざまなものを織り交ぜてくれて…。完全に虜になりました。

入り口の門番的なスタッフだけ少し怖いですが、その他すべてが最高です!

CRAZY HOUSEの料金

CRAZY HOUSEのドリンク代は、170バーツ程度です。もちろん、メニューによって料金は異なります。

女性に奢るドリンクは200バーツ以上するものが多いものの、日本のキャバクラなどと比べれば男性ドリンクとの価格差は小さいですよね。

バーファインは700バーツ、ショートタイムでの支払いは3000バーツでした。バーファインが安かったのが、好印象です。店に払うより、女性に直接払いたいですからね。

総額4800バーツ(約1万6千500円)でしたが、この料金でこのサービスなら大満足です。

また、ロングの場合は6000バーツ程度を女性に支払うことになります。

CRAZY HOUSEへのアクセス方法

BTSアソーク駅を出て2~3分程度歩くと、突如としてネオンがギンギラと煌めいている通りが現れます。CRAZY HOUSEのあるソイカウボーイは、スクムビット通りとアソーク通りとの交差点から、北に100メートル程度歩いたところにあるんです。

その通りを流していると、「CRAZY HOUSE」と書かれた看板があります。本当に駅からすぐなので、迷うこともありませんよ。

CRAZY HOUSEのこれだけは注意!

入り口の100バーツの徴収ですが、徴収されないケースもあるとは言え、徴収されるのが当たり前となっています。100バーツ足りないということにはならないかもしれませんが、払うことを前提に行くようにしたほうが良いでしょう。

また、連れ出す前に女性に過剰なお触りをしたりしてはいけません。

連れ出す前にできることは、日本のキャバクラとほとんど同じだと考えましょう。相手が全裸だからといって、勘違いしてはいけませんよ。

タイの風俗の体験談その2:マッサージパーラー「ポセイドン」

ポセイドンはタイ・バンコクで人気NO1のマッサージパーラーです。

外観を見たとき、言葉を失ってしまいそうになりました。歩いているときに「なんかデカイホテルあるなあ」と思っていたら、その大きなホテルがポセイドンだったんです!

ホテルを丸々ひとつ借り切っています。外観の高級感からは、ここが風俗だなんてわかりません。

中に入ると左手に見える部屋に案内されました。そこが、金魚鉢というガラス張りの大きな部屋です。金魚鉢と呼ばれるその部屋には、ひな壇に座っている女性が大勢いました。

金魚鉢で自分の好みの女性を指名するわけです。

実際の遊びの流れは、こんな感じでした。

・コンチアと呼ばれる案内係に金魚鉢に通される
・コンチアが女性キャストの情報を説明してくれる
・タイプの子を指名して、料金とチップを払う
・女性と腕を組んで部屋に向かい、湯船にお湯をためる
・日本のソープとほとんど同じサービスを始める

コンチアの説明は本当にわかりやすく、客が欲しい情報を的確にくれます。

「あの子はテクニシャンです」
「あの子はまだ出産経験がありません」
「あの子は日本人に人気があります」

そんな説明をもとに、筆者は日本人に人気のある黒髪巨乳の子を選びました。

湯船にお湯をためている間にマッサージをしてくれたんですが、これがもう最高なんです。日本の風俗でも余った時間でマッサージしてくれることがありますが、そんなに本格的ではありませんよね。

ところが、この人のマッサージはオイルも使った本格的なものでした。

そんな本格オイルマッサージに癒やされたところで、マッサージパーラーの本領発揮。大きなおっぱいで体を洗われる快感と、上手な手技にギンギンに…!

「俺のトライデント(ポセイドンの槍)が…」と思ったけれど、その場では言いませんでした。

ポセイドンは大仰な名前にも負けないどころか、名前に勝っていると思うほど素晴らしい店です。

ポセイドンの料金

マッサージパーラーは女性によって料金が違いますが、今回支払ったのは2時間で2600バーツでした。

ポセイドンは入り口から左手の金魚鉢にいる女性だと、2000~3000バーツまでが相場です。3階の金魚鉢にも女性はいますが、夜以外の時間帯は人が少なく、料金相場も4000バーツ程度と高くなります。

また、今回はコンチアに100バーツ払いましたが、チップは本来払わなくても良いものです。

ただ、コンチアの多くは「日本人は弾んでくれるだろう」と思っているのか、チップを払わなければ対応が悪くなることがあります。

チップの相場は100バーツ程度とそんなに高くはないので、払ったほうが良いでしょう。

ポセイドンへのアクセス方法

ポセイドンの最寄り駅は、MRTスティサン駅です。

スティサン駅4番出口から出ると、すぐに大きな建物が見えてきます。ちなみに、4番出口は神社の石段くらい長いエスカレーターが目印です。

4番出口を出て大きな建物の方向に歩いていくと、すぐにポセイドンが見えます。だいたい徒歩5分くらいでしょうか。

ポセイドンのこれだけは注意!

日本のソープランドで遊び慣れている人ならあまり注意することはありませんが、遊び慣れていない人は相手がどんな行為をNGとするのかを把握し、それをしないようにしましょう。

また、ポセイドンには日本語対応ができるコンチアもいますが、日本語対応できるコンチアにはチップを多めに払うことをおすすめします。他のコンチアの持っていない技能を持っているわけですからね。

200バーツもあれば良いでしょう。

タイの風俗遊びまとめ

タイの風俗は、どこもかしこも本番OKで楽しいです。

たとえば日本のもあるようなメンズエステや性感エステもありますが、オプションで本番が用意されている店が多いんですよ。日本のメンズエステは手コキすら運次第ですし、性感エステにも本番はありません。

今回行ったゴーゴーバーとマッサージパーラー以外にも、タイにはさまざまな風俗店があります。

タイに行ったことがない人も、行ったことはあるけど風俗は未経験だという人も、ぜひ一度体験してみてください。

タイの違った姿が、そこにはあります。

-アジア
-,

Copyright© world-fuzoclife , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.