アジア

キルギスの風俗・夜遊び潜入! 風俗サウナに身も心も癒やされる

更新日:

キルギスの風俗事情とは?

サラマ! がみひろきです。

サラマというのはキルギス語での挨拶なんですが、皆さんはキルギスにどのようなイメージを持っているのでしょうか。どこを見ても山、山、山という山岳地帯なイメージが一般的かと思います。

イシククル湖とか、湖と山々のコントラストがとても美しいですよね。

筆者がキューバに行ったときもイシククル湖を見に行きましたが、その雄大さに驚きました。琵琶湖の9倍近い面積がある湖なんて、もうほとんど海と変わらないですよね。言うなれば淡水の海。

もちろん、夜遊び大好き人間なので風俗にも行きましたが、キューバの風俗は一風変わっていて面白いです。

ほとんどが隠れて営業しているので詳しい場所や店名は伏せますが、これからキューバのリアルな風俗事情を語るとともに、実際に利用した体験談も紹介していきましょう。

キルギスで風俗が盛んな都市、エリアは?

キルギスで夜遊びが盛んなのは、首都ビシュケクです。

他の地域にも風俗店が点在しているようですが、ビシュケクの店に比べるとレベルが落ちるんですよ。どの国もそうですが、首都に適う夜遊びの街というのはあまりありませんね。日本のように、夜遊び天国が点在している方が珍しいです。

また、ビシュケクは街をマルシュルートカというミニバンが走り回っていて、バスのような使い方をすることができます。

結構安いですし、路線などが丸わかりのアプリもあるし、移動に苦労しないのも良いですね。

キルギスで盛んな遊び方は?

キルギスで盛んなのは、風俗サウナです。

サウナは大きく分けて2種類あります。

家を一軒まるごと貸し切るタイプのところと、いくつかのエリアに分けられていて客ひとりでひとつのエリアを貸し切るタイプのところです。

基本的に、サウナは客が1時間単位で貸し切って利用します。

サウナの中にはベッドルーム、休憩スペース、トイレ、シャワー、サウナ、飲食スペースがあるんです。他にもプールが付いていたりして、それぞれ付加価値をつけている場合もあります。

見かけは完全に普通のサウナですね。

館内で石鹸、タオル、ビール、食べ物などの購入もできます。

女の子と遊びたいときは、サウナスタッフに「女の子を呼んでほしい」と声をかけるんです。声をかけなければ、普通に貸し切りサウナとして楽しむことになります。

そうしてサウナだけを楽しむ人も、貸し切りスペースで飲み会を楽しむだけの人もいるんですよ。

他の国ではなかなか見かけないタイプの風俗店なので、風俗サウナに行くだけでもキューバを訪れる価値はあるでしょう。

また、一発ヤルだけの置屋もありますし、海外版デリヘルのエスコートもありますよ。

おすすめは一番がサウナで、二番がエスコートです。置屋はおすすめしないわけではありませんが、サウナとエスコートに比べるとレベルが下がります。

キルギスの風俗は高い? 安い?

キルギスのサウナは店によって、料金にかなり幅があります。

格安店と大衆店、中級点に高級店とさまざまなランクがあるイメージです。日本のソープランドもそうですよね。

全てをまとめると、1時間600KGS(約820円)~4000KGS(約5537円)くらいが貸し切り料金の相場になります。

女の子と遊ぶ場合は、ひとり1時間で3000KGS(約4150円)~5000KGS(約7000円)が別途かかるというシステムです。

貸切料金と合わせると、だいたい5000円から1万2千円かかるということになります。

ただ、サウナを百パーセント楽しむなら貸し切り1時間では足りないんですよね。女の子と遊ぶだけで1時間かかりますし、2時間は貸し切ることになる可能性があります。

そのうえ、タオルなども買わなければならないので、上記より料金が高くなると思っておいたほうが良いでしょう。

まあ…それでも、日本の風俗と比べると圧倒的に安いですよね。

高級サウナでも最低1万2千円で、2時間貸し切ると1万7千円ですから。日本の高級ソープだと1時間遊ぶだけでもっとかかります。サウナの貸し切り料金を合わせても、日本の高級ソープより安いのはお得ですよね。

キルギスでは風俗は合法? 違法?

キルギスでは風俗は違法です。

だから宣伝をせず地下に潜って営業をしているんですよ。サウナに擬態する営業形態も、恐らくは摘発の手を免れるために生まれたのでしょう。

警察は基本的には黙認しているようですが、あまり派手に営業したりすると摘発されるようです。さらに、店によっては警察に賄賂を払っている場合もあるのだとか…。

そして、日本人がサウナに入って行くのを警察に見られ、「何も言わないであげるから」と少なからず賄賂を要求されたという話も聞きます。

あまり他国の警察をとやかく言いたくはありませんが、結構腐敗していますよね。

違法とはいえ、サウナに行ったからといって捕まるようなことはなさそうです。

キルギスの風俗の体験談その1:地下に潜った高級風俗サウナに潜入!

キルギスの風俗はたいてい地下に潜って隠れて営業していますが、現地人は「あそこにサウナがある」という情報は当たり前に持っているようです。

そうでなければ、飲み会に利用したりしませんよね。

そこで筆者は、海外旅行ではお馴染みの「タクシーの運転手さんにおすすめを聞く戦法」でサウナに向かいました。高級サウナに行きたかったため、「高級サウナあります? セックスできるところでさ」と伝えます。

運転手さんは「あるよ」と短く言い、おすすめの場所に連れて行ってくれることに。聞けば、運転手さんがたまに仲間内で貸し切って飲み会をする場所だそうです。

貸し切り費用は人数に関係なく一定なので、大勢で割り勘すればかなり安上がりになるのだとか。残念、筆者は一人旅なんだ…。

ただし、予約が必要なので運転手さんに教えてもらった電話番号にかけ、しばらくしてから向かうことになりました。

待っている間、運転手さんと「じゃあまたここで」と落ち合う約束をし、街をぶらぶら…。

そして時間になりサウナに向かいます。

着くとそこは完全に健全な建物という趣の場所で、ここで売春が行われるなんて夢にも思いませんでした。

建物の中はスーパー銭湯のようで、これまた健全な雰囲気。スタッフが笑顔で出迎えてくれたのが、印象的でした。スタッフがシステムなどを説明してくれ、館内を案内してくれます。

普通に風呂があるし、サウナもちゃんとしているし、屋外プールがあるし…。休憩スペースにはビリヤードまである! 酒も買えて、飯も買えて、煙草も吸えるし、女の子も呼べる。

男の欲望すべてが詰まっているようで、ワクワクします。

筆者は2時間で貸し切ったため、施設も満喫できました。

実際に遊ぶ流れは人それぞれですが、筆者の場合はこんな感じでしたよ。

・電話予約をする
・予約時間までにサウナに向かい、中に入る
・料金を支払い、スタッフの説明を聞き、案内を受ける
・シャワーを浴びる
・酒と煙草を楽しみつつ、女の子を呼んでもらい指名する子を選ぶ
・プレイを楽しむ
・プレイが終わったらまたシャワーを浴び、プールで遊び、酒を飲む
・貸し切り時間が終了したら帰る

休憩スペースで酒を飲みつつ、煙草を吸いつつ、スタッフに女の子を呼んでもらいます。アジア系とロシア人とが主流らしく、「アジアンで」「ロシアンで」と言うとそれぞれ該当する子を呼んでくれるんです。

筆者は国籍や人種にあまりこだわりがないため、とりあえず今対応できる子全員を呼んでもらいました。

スタッフに間に入ってもらいつつ、来た女の子に「英語は話せるか」「こういうプレイは対応できるか」などの質問をします。

結果、筆者が選んだのはロシア人の若くて可愛い子でした。英語は堪能とまではいかなくても日常会話程度にはできるし、パイズリができる子だったことが指名の理由です。

プレイは本当に最高で、すぐ果ててしまったんですが、果てた後も時間が来るまで酒に付き合ってくれました。

その後、筆者は一人でサウナを堪能しつくしましたとさ。

楽しかったけど…誰かと来たほうがより楽しかったかもしれませんね。男だけでキルギス風俗旅行! なんていうのも楽しそう。

高級サウナの料金

今回行った高級サウナは貸し切り1時間3000KGS(約4150円)、2時間で6000KGS(約8305円)でした。

筆者は2時間貸しきりましたが、費用対効果は高いです。酒の値段は日本とそこまで変わりませんでした。

女の子と遊ぶ料金は1時間5000KGS(約7000円)です。酒などと合わせると、2万円近くなりましたが、高いとは思いませんでしたよ。

高級サウナのこれだけは注意!

サウナは基本的に貸し切りなので、電話予約が必須です。

ネットなどにも情報を出していないにも関わらず電話を入れなければならないため、タクシー運転手さんなど現地の事情に詳しい人に聞きましょう。

そして運転手さんのいるところで電話予約をし、予約できなかった場合は違う店を教えてもらってください。

とにかく、現地に行ってすぐ利用できるようなことはないので注意しましょう。

キルギスの風俗の体験談その2:エスコート

売春宿の経営が違法な国ではエスコートが栄える…というジンクスが筆者の中にはあるんですが、キルギスもその例に漏れずそれなりにエスコートが栄えていました。

検索ワードは「bipopka bishkek」と、少し特殊です。「Kyrgyz escort」と調べても、エスコートサイトはあまり出てきません。

ホテルからスマホで検索をかけ、エスコートサイトを複数チェックして好みの女の子を絞ります。エスコートもアジア人とロシア人との二強になっていますね。旧ソ連を構成していた国のひとつだからかもしれません。

筆者が選んだ女の子について語る前に、エスコートでの遊び方について箇条書きで説明しておきますね。

・エスコートサイトを調べる
・サイトを翻訳し、好みの女の子を探す
・好みの子がいたら、サイトに書いてある連絡先に連絡をする
・女の子の家を教えてもらうか、自分の滞在しているホテルを教える
・到着したら談笑しつつシャワーを浴び、プレイ開始
・プレイ内容は日本の風俗サービスに本番がプラスされたようなもの

エスコートには女の子の部屋に向かうインコールと、女の子を自分の部屋に呼ぶアウトコールとがあります。

キルギスの場合はインコールだけ対応している子が多かったです。今回、筆者もインコールで遊びました。

選んだのは綺麗な黒髪ストレートの女の子。アジア系で、年齢は18歳です。

場所は普通にプライベートのアパートで、そこそこの清潔感がある綺麗な部屋でした。女の子の部屋という雰囲気はあるものの、風俗遊び向けにレイアウトが整えられていて、なんだか不思議な空間です。

肝心のプレイは…超一流でした。

今回使ったサイトはレビューがしっかり掲載されているんですが、軒並み好評価。ゴム有りのフェラも非常にうまく、セックスも甘く情熱的で素晴らしい…。しかも、エスコートには珍しく写真の信頼度も高めでした。

いやもう…本当、キルギス最高。

キルギスのエスコートの料金

サイトによって相場が異なりますし、料金は女の子によっても異なります。

今回遊んだ女の子は、1時間2000KGS(約2800円)、2時間5000KGS(約7000円)、一晩1万KGS(約1万4000円)でした。サイトに「VIP」と書かれていたので高級なエスコートサイトだと思うのですが、それでもかなり安いですね。

キルギスのエスコートのこれだけは注意!

日本のデリヘルと同じように、エスコートの写真の信頼度は通常低いです。

日本のデリヘルは加工で誤魔化しているだけなのでまだ良いのですが、エスコートの場合はたまに他人の写真を使っている人がいます。今回遊んだ子は自分の写真で、加工も弱めでしたが、写真には注意が必要です。

あまりに映りが良すぎる写真や、背景が外になっている写真などはモデルの写真の可能性があります。

自撮り風の写真は比較的信頼度が高いです。たとえば、鏡で自撮りしているとわかる構図になっているもの、第三者が撮っているように見えるけど片手にスマホを持っているものですね。

しっかりチェックしておきましょう。

キルギスの風俗遊びまとめ

キルギスは日本人的にはあまり馴染みがないかもしれません。実際、海外旅行にも選ばれにくいですしね。

公用語はキルギス語とロシア語なので難易度も高めではあるものの、ビシュケクなどの都市部は英語対応してくれる人がほとんどです。

雄大な自然と美味しいご飯があり、観光するのが楽しい国ですよ。特にご飯は日本人受けするような味付けのものが多いので、本当に楽しめます。

そして、男の欲望すべてを取り揃えたかのようなサウナ!

海外旅行が好きな男なら、行って損することはありません。

セフレがどうしても欲しい人に使ってほしいアプリ!

セフレがいない?そんな生活から脱却!
実は、PCMAXには大人の関係を求める女性が沢山います。女性は恥ずかしがりだけど、性欲はあるんです。そこに気付けばしめたもの。

なんとA〇女優や女子大生、人妻もいます。PCMAXは不倫希望の人も多く、身体だけの関係を求める人も多いです。
登録は無料、デイリーボーナス使えばお得に使えます!まずは登録!

-アジア
-,

Copyright© world-fuzoclife , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.